シュピッツァ

蹴球生活 football life の実験的ブログです。 多分、内容はかぶります。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
先日、行われたチャンピオンズリーグ、マドリー VS リヨン戦。
満身創痍なマドリーのピボーテを務めたのは、パブロ・ガルシアとセルヒオ・ラモスだった。

10a9a53sergioramos288p.jpg


おそらく、兄貴(パブロ・ガルシア)の相方にラモスを置いたのは、先々週に行われたサラゴサ戦でのラモスのピボーテの評価が一般に高かったことによると思われる。
しかし私は、彼がピボーテとして評価を上げていることについては、やや疑問を持つ。

まず第一に、彼はお世辞にもパスセンスがあるとはいえないからだ。
守備はそこそここなすものの、その後のパス出しが良くない。
ピボーテの役割は、ボールを奪ったところを基点として、攻撃のリズムを作るところにあると思われるが、彼の場合は判断が遅く、パスの精度も低いため、攻撃が遅くなったり、相手に奪われてしまうことが多いのだ。

サッカーとは、皆が調和することにより音楽をつむぎだすようなものだ。
それなのに、ラモスはその大事な1音目を叩くことが出来ないのだ。
1音目が上手く出なければ、後の皆も音を外す。
音楽はつむぎ出せない。
それを表すかのように、彼がピボーテに入ると、チーム全体が「鈍足」に見えてしまうのだ。

ラモスのピボーテとしての働きを評価する向きとしては、彼の持つ、攻撃参加のダイナミズムを称える声が多いようだ。
しかし、これに関しても、私は異議を唱えたい。
確かにスピード感溢れるその攻め上がりは、ある意味スペクタクルを予感させないともいえない。
しかし、攻め上がりのスピードの割には、守備の戻りが遅く、最終ラインや、相方である兄貴に負担をかけてしまうことが多いように見えるのだ。

さらに、守備に関しても、当たりが強く、相手を飛ばしてしまうことが多いため、カードをもらいやすい。
個人的に、ピボーテの守備は、兄貴のように相手を傷つけず、ボールだけを奪うスタイルが理想であり、その方が攻守の切り替えがスムーズに行くと思っている。
そのため、ラモスのようにセンターバック仕込の体当たり守備は、ピボーテに適さないように見えるのだ。
ラモスが相手を潰すことにより、こちらの良い流れをも寸断する恐れがある。
それこそが、マドリーが長年悩まされてきた攻守の切り替えの遅さを、助長しかねないと思われるからだ。

これらを総合すると、彼に一番適しているポジションは、右サイドバックであるように思われる。
これはうがった見方かもしれないが、おそらくミスターは、高いお金で買ったこの若き才能を、複数のポジションをこなせるユーティリティ・プレーヤーとして、金額に見合った選手であることをアピールしたいため、いろいろなポジションに置いているのかも知れない。
しかし、純粋にサッカーを楽しみにきたこの若者にとっては、そのようなサッカー外の事情で、自らの特色を消されてしまうのは、全く持って迷惑な話であろう。

今後、ラモスがもっとも輝けるポジションで活躍できることを願うばかりである。
スポンサーサイト
予想通り、こちらの3つ目のブログは、1月も更新が滞ってました…。
すいません…。
表ブログの蹴球生活 football lifeの過去ログを追加する形では更新していたのですが、シュピッツァのオリジナル記事は書いていませんでしたね。
もともとシュピッツァは、表ブログのFC2分家のような感じで過去ログを掲載することと、表では書けない辛口な本音を書くことを目的として作ったのですが、最近、我らがマドリーはなんとか復調してきていて、今のところあんまり文句を言う必要もなく、諸事情により最近サッカーをあまり観られないので、オリジナル記事を書くネタがないのですよね。
しかし、今回は何とか苦し紛れにひねり出してみました。

どうでもいい話で恐縮なんですが、ブロガーの皆様は、ブログタイトルを決める際に、何を思って付けられたのでしょうかね。
私の場合は、何にも考えずに漢字4文字にしたいと思って、「蹴球生活」とつけてしまったのですよね。
しかし、それだけだと、なんとなく間抜けに見えたので、後ろに英語を付け加えたわけですが、今では、なんでこんなにセンスのないタイトルをつけたのだろうかと、後悔しています…。

というか、ブログをはじめて3ヶ月くらいたった頃には、タイトルを変えたいと思っていたのですが、その頃すでにリンクしていただいていた方がたくさんいらしたので、その方々に訂正してもらうのが悪いと思ったので変更せず、今に至っているわけです。
やはり、ブログタイトルって重要ですよ。
時間がたつと変えにくくなりますからね。
何気に、裏ブログであるサンポマイスターというタイトルも失敗だったなぁと思っています。

なので、こちらの裏の裏ブログのタイトルが一番気に入っています。
シュピッツァ(Spitzer)とはドイツ語で鉛筆削りの意味。
Spitzerの語源であるspitzenは「尖る」という意味で、Spitzerは尖らせるもの→鉛筆削りとなったようです。
つまり、シュピッツァとは、「尖った記事を書くぜ!」という、私の意気込みを表したタイトルなんですよね。
しかし今では、すっかり書き込んだ鉛筆のように先端が丸くなってきてしまいました…。

またサッカーを観るようになったり、マドリが不調になったらシュピッツァな記事を書くかもしれません。

代表とみ


しかし、それまでは内容も更新頻度もゆるーい感じですが、たまーに覗きに来ていただけるとありがたいです。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。