シュピッツァ

蹴球生活 football life の実験的ブログです。 多分、内容はかぶります。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
先日、フィーゴがマドリーを去ったことにより、マドリーの「10番」は空席になった。
次に10番を付けるのは、誰になるのか、今のところ決まっていないが、どうやら新加入のロビーニョが付けることになるという見方が有力のようである。

背番号の持つ意味として、一番有名なのは、この10番であろう。
10番は、そのチームの顔とも言うべき選手がつけることが多い。
これは、サッカーの神様、ペレがつけていたのが10番だったことに由来するそうだ。
そのため、10番はチームを代表する選手、つまり、テクニックやアイデアに優れた選手が付けていることが多い。
しかし、10番以外にもファンタジーを見せてくれる選手が付けていることの多い番号があった。
それは21番だ。

今年の1月に、セレッソ大阪からマジョルカへ移籍した大久保(FW・U-23日本代表)は、21番を付けることを希望していたそうだ。理由は、アイマール(MF・アルゼンチン代表、バレンシア)、ユベントス時代のジダンが付けていた番号だからなのだそうだ。
この2人は、言わずと知れたテクニシャンであり、変幻自在なパスワークでチームを導くタイプの選手である。

テクニシャンと言って、忘れてはならないのが、バレロン(MF・スペイン代表、デポルティボ・ラコルーニャ)だ。
彼の包み込むようなボールタッチは、リーガNo.1とも言われている。
そのバレロンもまた、21番を付けている。

イタリアに目を移すと、やはりテクニックに優れた選手が21番をつけていた。
AC.ミランのピルロ(MF・イタリア代表)である。

ピルロは、今でこそレジスタ(中盤の底でボールをさばき、攻撃を組み立てる)タイプのピボーテであるが、もともとはトップ下の選手である。

優れたパスセンスで敵を欺き、ファンを魅了する。
また、彼のフリーキックは、ゴール欠乏症に陥っているアズーリにとっては、貴重な得点源でもある。

他にもイタリアには、攻撃の選手ではないが、やはりテクニックに優れた21番いる。
ユベントスのテュラム(DF・フランス代表)である。

ジダンをして世界最高のDFと言わしめ、パルマ時代からの同僚カンナバーロ(DF・イタリア代表)は、あまりの巧さに、どこの星から来たのだと尋ねたほどだったのだという。

このテュラムは、昨日、フランス代表に復帰することを正式に発表した。
そして、今のフランス代表におけるゲームメイカー候補として名高いカメル・メリエム(MF・ASモナコ)も、クラブでの背番号は21番なのである。
ただ、彼の場合、先日のオセール戦においては思うようにゲームが作れず、クロスボール等のキックの精度も欠いていた。
おそらく加入したばかりで、周りとの連携が上手く行かないのだろうと思われた。
これからに期待したい21番である。

マドリーに注目すると、かつての21番、ソラーリ(MF・アルゼンチン代表、インテル・ミラノ)も、テクニックに優れた選手である。
そのエレガントなプレースタイルは、あのフランチェスコリ(MF・元ウルグアイ代表)も称賛をおくったほどである。
同様に、フランチェスコリから讃えられたディオゴ(DF・ウルグアイ代表)は、今季からマドリーの21番を背負う。

ここまで揃うと、21番には、何かしらテクニシャンを惹き付ける秘密があるのではないかという錯覚に陥りそうになる。
もしかすると21番が、近い将来10番にも引けをとらないほどのエースナンバーと言われる日が来るかもしれない。
そして、それが現実となるかは、ここに挙げた21番の芸術家たちの活躍にかかっているのであろう。
スポンサーサイト












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://kobonatsu.blog27.fc2.com/tb.php/13-98670714

ルイス・フィーゴのVCD バルセロナ レアルマドリード
ポルトガルが生んだ稀代のドリブラー&ストライカー、ルイス・フィーゴのVCDです。17才でポルトガルのスポルティング・リスボンにてトップデビュー、19才でポルトガル代表デビュー、1995年バルセロナに移籍、2000年レアルマドリードへ移籍。2000年には欧州年間最優秀選手...

2005.10.23 15:06 | インポート・ファイブ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。