シュピッツァ

蹴球生活 football life の実験的ブログです。 多分、内容はかぶります。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
先日、行われたチャンピオンズリーグ、マドリー VS リヨン戦。
満身創痍なマドリーのピボーテを務めたのは、パブロ・ガルシアとセルヒオ・ラモスだった。

10a9a53sergioramos288p.jpg


おそらく、兄貴(パブロ・ガルシア)の相方にラモスを置いたのは、先々週に行われたサラゴサ戦でのラモスのピボーテの評価が一般に高かったことによると思われる。
しかし私は、彼がピボーテとして評価を上げていることについては、やや疑問を持つ。

まず第一に、彼はお世辞にもパスセンスがあるとはいえないからだ。
守備はそこそここなすものの、その後のパス出しが良くない。
ピボーテの役割は、ボールを奪ったところを基点として、攻撃のリズムを作るところにあると思われるが、彼の場合は判断が遅く、パスの精度も低いため、攻撃が遅くなったり、相手に奪われてしまうことが多いのだ。

サッカーとは、皆が調和することにより音楽をつむぎだすようなものだ。
それなのに、ラモスはその大事な1音目を叩くことが出来ないのだ。
1音目が上手く出なければ、後の皆も音を外す。
音楽はつむぎ出せない。
それを表すかのように、彼がピボーテに入ると、チーム全体が「鈍足」に見えてしまうのだ。

ラモスのピボーテとしての働きを評価する向きとしては、彼の持つ、攻撃参加のダイナミズムを称える声が多いようだ。
しかし、これに関しても、私は異議を唱えたい。
確かにスピード感溢れるその攻め上がりは、ある意味スペクタクルを予感させないともいえない。
しかし、攻め上がりのスピードの割には、守備の戻りが遅く、最終ラインや、相方である兄貴に負担をかけてしまうことが多いように見えるのだ。

さらに、守備に関しても、当たりが強く、相手を飛ばしてしまうことが多いため、カードをもらいやすい。
個人的に、ピボーテの守備は、兄貴のように相手を傷つけず、ボールだけを奪うスタイルが理想であり、その方が攻守の切り替えがスムーズに行くと思っている。
そのため、ラモスのようにセンターバック仕込の体当たり守備は、ピボーテに適さないように見えるのだ。
ラモスが相手を潰すことにより、こちらの良い流れをも寸断する恐れがある。
それこそが、マドリーが長年悩まされてきた攻守の切り替えの遅さを、助長しかねないと思われるからだ。

これらを総合すると、彼に一番適しているポジションは、右サイドバックであるように思われる。
これはうがった見方かもしれないが、おそらくミスターは、高いお金で買ったこの若き才能を、複数のポジションをこなせるユーティリティ・プレーヤーとして、金額に見合った選手であることをアピールしたいため、いろいろなポジションに置いているのかも知れない。
しかし、純粋にサッカーを楽しみにきたこの若者にとっては、そのようなサッカー外の事情で、自らの特色を消されてしまうのは、全く持って迷惑な話であろう。

今後、ラモスがもっとも輝けるポジションで活躍できることを願うばかりである。
スポンサーサイト

私も、ラモスはピボーテには向かないと思います。
それは頭が悪いから(笑)
ベッカムも同様。

例えばガットゥーゾなんて頭悪そうに見えますけど、実際は結構頭使ってますよね。

あのポジションは単に体力があるとか前のめりだとかそれだけじゃ勤まらないものすごく大事なポジションですもんね。

よっておしゃるようにラモスは右サイドがいいのだろうなと思います。
サルガドの控えにしては高額すぎますし、その後シシーニョをとったことを考えれば
計画性にない、相変わらずな無駄遣いであることがあきらかであり、
これはサッキよりもペレスによる選択である可能性がプンプン臭いますね。
ふー。

2005.11.27 22:50 URL | jumpin #AX4Txtpo [ 編集 ]

jumpinさん
やはりそう思われますよね。
私は以前は、ガットゥーゾって筋肉バカな選手(ファンの方本当にごめんなさい…)と思っていたのですが、実際はとても聡明な人なのですよね。
プレーは勿論、WSDに連載されているコラムからも、知性が感じられますものね。
確かに、攻撃センスはないかも知れませんが、今や彼無しのミランやアズーリは考えられないほど得難い存在としての地位を確立できたのも、そう言った知性や機転があったからでしょうね。

対するベッカムやラモスは、そう言った人間的深みや頭の回転の良さが余り感じられませんものね。
仰るとおり、チームの心臓たる役割であるピボーテには、知性や機転が必要なのだと思います。

ラモスは、若手スペイン人ってことで、ファンを納得させたかったのかも知れませんが、どう考えても必要性よりもスター性だけで獲得した選手としか思えなかったですよね。
しかも、個人的には、守備や連携に関してもパボンより優れているようには思えないんですよね。

ウッドゲートは好きではありませんが、実力はあると思うので、彼を先発で使い続けたのはわかるのですが、どうしてあんなに守備の荒いラモスがパボンより技術的に上だと判断されるのかが、個人的には腑に落ちません。

ルーキーいじめみたいになってしまいましたが、少しでもご賛同頂けて嬉しいです。
ありがとうございます!

2005.11.28 14:01 URL | kobo_natsu #iThN8uCA [ 編集 ]

このコメントは管理者の承認待ちです

2009.09.15 04:49  | # [ 編集 ]

このコメントは管理者の承認待ちです

2012.11.11 15:35  | # [ 編集 ]












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://kobonatsu.blog27.fc2.com/tb.php/17-e9fcad07

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。